これからの住宅の形|自然素材の家を購入すればエコな生活が送れる

自然素材の家を購入すればエコな生活が送れる

つみき

これからの住宅の形

一軒家

メンテナンスがカギ

大阪市で戸建てをできるだけ丈夫で長持ちさせるには、定期的なメンテナンスが必要です。マンションでは管理組合による活動や、外壁やバルコニーの防水工事など大規模修繕が図れます。一戸建てでは家主が自主的に行う必要もあり、日々の掃除や季節に合った掃除などで、より快適に生活できます。主な点検場所と周期も重要視すべきで、例えば、外壁・屋根・バルコニー・床・給水管などがポイントです。特に水回りとなる給水管や水栓器具は1年ごとに点検したい内容です。また大阪市の戸建てでは、屋根にこだわりを持っているケースが多く、瓦葺・屋根用化粧ストレート葺き・金属板葺きなどは、割れや色褪せ、サビなどの確認を3年に1度は確認します。点検のみが目的ではなく、改装や修繕など、住宅を長持ちさせる目的としてリフォームも活かせます。例えば、外壁のひび割れの修繕もリフォームですし、玄関のドアを現代風に替えるのもリフォームです。どこを替える必要があるのか、どこをどのように修繕するのか、マンションの管理の違いの1つです。そのため、管理を補うにも不動産会社との日々の携わりが大事にもなります。

住宅の建て方

大阪市一帯の一戸建ての内訳を見ると、プレハブ住宅が半数近くを占めています。性能表示の実施率は大阪市の数あるメーカーで高いものの、ツーバイフォー工法の一戸建てを希望する府民は近年、増加しています。知っておきたいのは住宅性能表示制度にこだわることで、市街地となる大阪市の住宅形態ではマンションがまだまだ占めているのも現実です。また、狭くても居住性の高い住まいを何代にもわたって使っていく視点も特徴的です。しかし近年では、都市部でもライフステージに応じた住宅の広さの確保もテーマに挙げられています。大阪市など近郊では、4人家族で95平方メートル以上が水準となっています。居住性が高く、ゆとりある住まいで豊かな生活が実現できますが、さらに市町村のマスタープランに着目することも購入のポイントの1つです。