中古が売れる理由|自然素材の家を購入すればエコな生活が送れる

自然素材の家を購入すればエコな生活が送れる

つみき

中古が売れる理由

ウーマン

安さの理由

観光地としても人気度のある茅ヶ崎近郊では、立地や条件などの総合評価によって、中古一戸建ての需要増が相次いでいます。中古は築年数が古い場合には建物は評価されず、土地のみの評価になることが多い傾向です。開発規模の小さな物件は、周辺の地価の影響で価格に変動がありますが、近郊では比較的安定しています。また、具体的な評価は不動産流通の値付け法で決められ、消費者でも資料を入手できるため、住みたいエリアの物件の目安を試算することもメリットです。中古一戸建てを購入する場合、相場よりも安い理由を確認しておくこともデメリット回避に結び付きます。茅ヶ崎近郊では転勤や買い替えを理由とするケースは多いものの、中にはマンションが建ったことで日照が悪くなるパターンや、観光地として人や交通の出入りが激しく、環境が悪くなるパターンもあります。購入前には、新築同様、周辺環境までしっかりチェックするため、担当者に確認することも大切です。

補修で安心住宅

湾に面した茅ヶ崎エリアでは、都心同様に、中古になっても資産価値ではマンションよりも一戸建て住宅は価値を維持しています。一例として、30年以上経過した物件を、築5年以内の物件と比較しても価格水準は6割以上で、資産価値では中古一戸建てが有利です。築年数や維持管理状況、住宅の前歴なども気になる点で、10年に1度程度、屋根や外壁の大規模な補修を行うひと手間で、居住性や耐久性の維持効果は増大します。特に茅ヶ崎エリアは湾岸で、潮風にもさらされやすく、外壁はモルタル塗りであれば多少のひび割れは補修できます。雨や海からの風によっては、湿気などで土台が濡れてしまい、シロアリ被害も考えられるために中古一戸建て問わず、新築でもメンテナンスは必要です。前歴では旧住宅金融公庫付きの物件として設計・施工されていることで、建築基準法以上の厳しい基準で建てられています。また公庫融資を利用して建てられた注文住宅であれば、なおのこと施工面でも安心でき、住まい探しには履歴もチェックが必要です。